パソコンショップ ジョイメイト徳島バイパス店
パソコン修理・設定、出張メンテナンス可能

お得情報
会社概要・サイトマップ
店舗紹介商品情報セール情報中古パソコン・ジャンク品パソコン修理・メンテナンスパソコン手順書リンク集パソコン教室メールマガジン
会社概要 店舗紹介 サイトマップ 営業時間 9:30〜19:30
 
パソコン修理・メンテナンス
   
 
  ハードディスク交換修理  
  データのバックアップ作業  
  データ完全消去  
 
  出張設定  
  パソコンレンタル  
  外国語対応パソコン  
  ウイルス・スパイウエア駆除  
  インターネット接続設定  
  メモリ増設  
  パソコン内部清掃  
 
  トラブル事例集  
 
  パソコン破棄・処分料一覧  
 
 

 

TOP  > パソコン修理・メンテナンス  > パソコン内部清掃
NEC保守サービス認定店
Fujitsu・SONY・SHARP・TOSHIBAなど主要メーカーの修理も承っております
     

パソコン 内部清掃

 

 パソコン内部の清掃について 
   
 

 パソコン内部は、夏にかけて気温・湿度ともにどんどん上昇していきます。

  冬の寒い間は、気にならなかった内部のヒートシンク(放熱板)の
廃熱効率も、夏になると注意が必要です。

 廃熱効率を妨げる主な原因は、やはり空気中のホコリです。

 

 

 

 

 ホコリの多くは、ヒートシンクのフィン(羽)の隙間に堆積します。

  やがて、ホコリの塊が詰物のようになって、冷却ファン(冷却扇)の生出す
冷却風の流れを遮断してしまいます。

  状況が更に進行すると、ホコリの塊が冷却ファンの動作自体を滞らせてしまい、
冷却ファンのモーター部分まで絡みついてファン自体が壊れていることもあります。

  また、ホコリと湿気の組合わせによって、回路がショートし、パソコンが壊れてしまうこともあります。

 人が活動すればホコリは必ず発生します。

  ほとんどのパソコンは空冷式ですから、パソコンの内部の清掃は、もはや他人事ではないのです。

     
ホコリの詰まった状態…その1  
 ぎっしりとホコリが詰まった状態です。通気がかなり妨げられて
いると思われます。
 
ホコリだらけのパソコン内部写真1  
   
ホコリの詰まった状態…その2
 外側からは見えない部分に、ホコリが大量に堆積しています。
このまま使い続けると内部の温度はどんどん上昇し、危険です。
 
ホコリだらけのパソコン内部写真2   ホコリだらけのパソコン内部写真3
       
       
 パソコン内部の清掃手順 
   NECの代表的なデスクトップパソコン(VALUESTAR Lモデル写真はVL570/8D)の清掃手順を紹介します。
       
  用意するもの:ダストブロワー、+ドライバー、掃除機など    
   

注意
  故障原因となりますので、本文の注意や清掃用具の注意・用法は必ずお守りください。

  この作業をお客様ご自身で行なった場合に起こった不具合、故障等に関しましては、当社では責任を負いかねます。細心の注意を払い、ご自身の管理のもと行なってください。

 当店メンテナンスルームでは、パソコン内部清掃を承っております。ぜひお申付け下さい。
(デスクトップパソコン4,000円〜・ノートパソコン5,000円〜 当店購入パソコンの場合、2,000円引です。)

  (ダストブロワー )    
       
  1.まずパソコンに接続されているケーブルをすべて外します。
   電源は必ず遮断して下さい。電源を入れたままにすると、感電などの恐れもあり危険です。


   
 

 

 


 

 

  背面の写真    
       
  2.スタンドが付いている場合は取外します。    
     
  スタンドの写真(他にネジで止めてある機種もある)    
       
  3.本体を横置きにします。    
 
※CD・DVDドライブのトレイが正方向に見えるのが
  正しい横置きです。
   
   

 

 

 傷が付きにくいように下にタオル等を敷くと良いです。

 更に、輪ゴムを数個置いておくと後でケースが開けやすくなります。

   
       
  4.背面にあるロックを解除し、ケースを前面にスライドさせてパソコンから取り外します。
 

※レバーなど突起物に注意して取り外してください。

※静電気に注意してください。パソコンの内部部品は、
  静電気によって簡単に壊れます。

   
   


  ロックの解除(機種によりロックが2箇所以上ある場合もある)
     
  ここまでスライドさせたらケースを真上にゆっくり持ち上げる 。
  5.目に見えるホコリの塊をダストブロワーで吹き飛ばして下さい。
  飛び散ったホコリは、掃除機で吸取りましょう。
 
※ホコリをそのままにしておくと、また、パソコン内部に
  吸込んでしまいます。しかし、直接掃除機でパソコン
  内部のホコリを吸取ることは、お止め下さい。パソコ
  ン内部は、精密機器です。故障の原因になることが
  あります。
   
     
  (ケースを開けたところ )    
 
  ヒートシンクのホコリの目詰まりは、確実に取除いた
方が良いのですが、冷却ファンが出来るだけ回転しな
いように指や棒で固定しておくことをオススメします。

  ※モーターを回すと電流が発生するためです。
   
     
       
     
  ( CPUヒートシンク付近)    
 

  目立ったほこりが無くなれば作業は完了です。

 ケースを取り付けて、元どおりにしましょう。

 ※レバーなど突起物に注意して取り付けてください。

 お疲れ様でした。

 季節の変わり目などに行なうと効果的です。

   
       
個人情報について  
Copyright @2008 JOYMATE All Rights Reserved.